ブログ

ブログ

2011.11.15

☆貴与次郎 情報☆

11月14日発売 昭文社さん発行の
マップル「京都グルメ」に紹介されました!!
貴与次郎がNEWopenのお店に
なんと・・・1ページ目に紹介して
頂いております。(-^〇^-)(*^^)v

3日間ご迷惑おかけし申し訳ございません<(_ _)>
店主が自ら故郷、北海道に貴与次郎が仕入れている魚屋さん

と仕入れに行っておりました。

明日からは、貴与次郎に京都では味わえない
北海道の美味しいお魚がたくさん入ってきます!!!

私もどんな美味しいお魚に会えるのか楽しみです(n‘∀‘)η



明後日から、ボジョレーも解禁になりますねっ♫
貴与次郎も2種類取り扱いさせていたさきます。
ボジョレーの他に京都の山本本家さんのお酒も

お取り扱いさせていただくことになりました!!

お楽しみに。。。。



以上、貴与次郎の最新情報でした。









2011.10.16

11月の休業日

11月13日(日)~15日(火)の3日間 仕入れの為休業させて頂きます。

2011.10.09

時代祭です!

今年も、この時期がやってきました!!

祇園祭・葵祭とともに京都三大祭りの1つでもある、時代祭の季節です(@^^)/~~~

10月22日(土)に行われます、時代祭なのですが、みなさん見に行かれたことはございますか??

実は・・・

私はニュースでしか見たことがありません(-"-)

三大京都祭で、1番馴染みがなかったので今回せっかくなので調べてみました!!

時代祭は、平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を奉祝する行事として、1895年(明治28年)に始まった行事だそうです。

1度はニュースなどで、ご覧になられた事があるかと思いますが、時代風俗行列が時代祭の特色でしょう。

色とりどりの時代の衣装や調度品は印象的ですよね(^0_0^)

調度、衣裳、祭具は京都伝統工芸技術の粋を集めて復元されたものなんだそうです!!


20列、2000人に達する行列が、総延長2キロ間に一大時代絵巻を実際に見て体験してください!!!(@^^)/~~~


(行列巡行)

京都御所建礼門前出発(12:00)~烏丸通御池通~河原町通~三条通~平安神宮

2011.10.05

二条城お城まつり!!

先日まで夏の涼しさだったのが、ここ2~3日で本格的な冬の寒さとなってきましたね(;一_一)

しかも、北海道の方では初雪だそうで・・・(・.・;)

早くも、コートの準備に余念がありません!!

そんなこんなで。。。

ここ貴与次郎に1度、足をお運び頂いた方はご存じだと思いますが??

当店の最寄駅は”地下鉄東西線 二条城前”なのです!(^^)!

そう!!

かの歴史深い二条城なのです<(_ _)>

さて。。

そんな二条城で”二条城お城まつり~AUTUMN FESTA 2011~”というお祭りが、あるそうじゃないですか!!!

なんでも10月15日(土曜)から11月23日(水曜・祝)までの40日間にわたり、開催されるそうで、オープニングの15日には舞妓さん達がプレゼントをお配りするそうです(@^^)/~~~

直接、舞妓さんにお会いできるなんて二条城ならではですね~(^0_0^)

他にも、人力車で場内巡りができたり・・・

放鷹術の実演

菊花展

二の丸御殿帳台の間特別見学会

龍馬よさこい

等々。。。。

毎日いろいろな催し物があるそうです!!!

この、特別な期間に是非是非足を運んでみて下さい<m(__)m>

2011.10.04

お食事とは・・・?

みなさんは、家族や恋人、友達など誰と1番食事に行かれますか??

先日、お客様とお話しさせていただいた際に印象的な一言をお聞きしました。。。

『食事や酒で大切なのは、値段や銘柄じゃない!

”誰”と、どんな会話をしながら食べるかや!!』

昔から何度か似たニュアンスの、お話は聞いたりしてきましたが改めて聞くと、とてもとても大切な事ですよね・・・。

私が、改めてこの言葉を痛感したのは1週間前の1組の海外のお客様の出来事があったからもあります<(_ _)>

1週間程前に、日本語が一切話せない海外のご夫婦が夜にお食事にいらっしゃいました。

実は、その日はその1組のお客様のみで静かな雰囲気でのお食事となりました。

しかし、そのご婦人は

『とても静かな雰囲気で日本らしくて私は好きよ』

と、おっしゃって下さいました。

私たちスタッフとしては心づくしのおもてなしはさせて頂いておりますが

”海外で静かなお食事はお気をつかわれるのでは・・・??”

と不安だらけの状態でのお言葉でしたので、すごく心に残りました<m(__)m>

なぜか、その2つの出来事が重なりました。

食べることは毎日の出来事です。

そしてそれを、楽しむか楽しまないか、どう楽しむかも人それぞれです。

ぜひ、そんな事をちょっと頭の片隅に置いてお食事をなさってみてください。

いつもと違う、味のお食事になるかもしれませんよ・・・(@^^)/~~~??

2011.09.08

京都体験

今月

みなさんは、京都に来てどんな事をされたいですか??

神社・仏閣を観光

京都らしい食べ物を食べる

行事事に参加される

等々、、、人それぞれ京都の楽しみ方があると思います。

今日は京都でやってみたい「体験」について紹介させていただきたいと思います。

舞子・芸子さん体験

手作り和菓子体験 

座禅教室

西陣染付体験

清水焼ロクロ体験

etc・・・・

まだまだ、いろいろな体験・教室などが行われております<(_ _)>

みなさんは、京都でどんな体験をしてみたいですか??

2011.07.01

文月

文月の由来ってご存知ですか??

今の時代、七月を元々は”文月”と言うのもご存じない方も多い方ものではないでしょうか(・.・;)?

是非、これを読んでこれから使ってみてください(*^_^*)

そもそも、7月に”文の月”とは7月7日の七夕が由来では・・・??

と、思う方は多いと思いますが一説では詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっています。

しかし・・!?

七夕の行事はに中国から伝わったもので、元々日本にはないものなんです!!

ので、、、実は七月に稲の穂が含む(膨らむ)事から「含み月」、「稲含み月」が由来で⇒”文月”になったみたいですね(^0_0^)

文月

2011.06.27

夏越祓

もうすぐ水無月(6月)も、終わりですね・・・≧□≦

もう7月だ!!

しかし。。。

6月30日を忘れてませんか?

京都では、6月な30日に正月のように半年の清めをする大切な日なのです!?

何かというと???

多くの神社では茅の輪くぐり(夏越祓)が行われます(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。

神社によっては、紙の人形に自分の名前を記して息を吹きかけて、神社に持参か郵送して、祓い清めます。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。6月30日に、水無月(みなづき)を食べる習慣があります。
各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。

の輪をくぐる時に、唱え言葉を言ったり、茅の輪をくぐる時の足は左や右からだとか…

①茅の輪の前で一礼します。
②最初は、左にまわります。
③茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
④茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。
⑤最後に拝殿で一礼します


一般的な唱え言葉は…
「みな月のなごしの祓する人は千年の命のぶというなり」「思う事みなつきとて麻の葉をきりにきりても祓いつるかな」

=茅の輪の言い伝え=
神代の昔に、スサノオノミコトが旅行の途中、一夜の宿を借りようとされました。
蘇民将来・巨旦将来の兄弟にお願い頼したところ、弟の巨旦将来は、裕福であるにもかかわらず拒絶しました。
兄の蘇民将来は貧しい生活でしたが、ミコトをお泊めして精一杯のもてなしをしました。
数年後、ミコトは再び蘇民将来の家を訪れて、「天下に悪い病気が流行したときには、茅萱で輪を作り、
腰に付けておけば災難をまぬがれるだろう」と教えられました。
後に、悪い病気が流行し、ミコトの教えを守った蘇民将来の一族だけは災難をまぬがれることが出来ました
京都の多くの神社で、芽の輪が設置されているので是非いろいろな芽の輪をご覧に行かれてみて下さい(@^^)/~~~